役目を終えたトレンドラインの隠れたリスク

ブログ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!takeruです。

今日はトレンドラインについての考え方の一つをお話ししていきたいと思います。

普段見えていないトレンドラインの効能を知ることで、より相場に対する理解がアップするのではないでしょうか。

それでは行きましょう!

スポンサードリンク

延長トレンドライン

トレンドラインは多くの方が使っていると思います。

ですが延長分にまで気を遣っている人は少ないのではないでしょうか?

多くのプロは一つの指針として

【延長トレンドライン(私命名笑)】

を結構意識しています。

これはユロドルの日足です。

下落トレンドラインを抜けて上昇するかと思いきや下落・・・

上昇トレンドラインを抜けて下落するかと思いきや下値は重い・・・

移動平均線を見ると全ての時間軸でレートが下に位置していて
下落トレンドにもかかわらず下値が重いです。


これは安値切り上げの押し目買い勢力もいるためですが
それ以上に難しくなっていることがこの延長トレンドラインで
知ることが出来ます。

ですから、一見売れそうな相場なのに全然下がらない時は
延長トレンドラインを見直してみるのも一つの手かも知れません。


こうなると、相場が相当悩んでることがわかりますので
手を出さずにわかりやすくなるまでじっと耐えるのが賢明です。

ちなみに、私もかなり悩みました笑

悩む相場なんてみるだけ無駄なんですけどね・・・
ただ、トレーダーの性でどうしてもエントリポイントを探してしまう^^;

延長トレンドラインは目安として機能することが多いので
ある程度時間が経過して取れる値幅ができれば攻めるのも可能です。

抜けない可能性もあるため、慎重かつ大胆に攻めていきたいですね^^

それでは今日も良い投資ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました